即日 お金を借りる

MENU

キャッシングで即日お金を借りる方法

お金を借りる方法として、手軽に借りられるのがキャッシング。
親や友人にお金を借りるのもひとつの方法ですが、お金が原因でトラブルになるということはよくある話です。
キャッシングサービスとは個人向けのローンのことをいい、無担保でお金が借りられるので人に保証人になってもらう必要もありませんし、誰にも知られずすぐにお金が借りられます。
キャッシングの申込で必要になるのは運転免許証または健康保険証、パスポートだけ用意すれば申込ができ、早ければ申込をしたその日にでもお金が借りられます。

 

キャッシングの利便性

キャッシングで即日お金を借りるには、満年齢20歳以上で65歳〜69歳未満の安定した収入があるかたであれば誰でも手軽に申込ができます。
住宅ローンなどでお金を借りると、担保の設定や保証協会で保証してもらうか知り合いに頼んで保証人になってもらわなければなりません。
住宅ローンの場合は諸費用として購入価格の約15%の費用が別途必要になりますが、キャッシングでお金を借りる時は、無担保で保証人を立てる必要もありませんし、諸費用も一切必要ありません。
借りるお金以外に会費も必要ありませんし、当然ですが借りなければ利息を払う必要がありません。

 

また、目的ローンは全額を一度に借りて、あとは返済を続けるだけになり、追加融資が必要な時は改めて申込から始めなければなりませんが、キャッシングは利用限度額が決まるとその範囲内であれば申込をするだけで何度でも借入れができ、キャッシングカードを使えば提携ATMから24時間いつでも引き出すことができます。

 

目的別でキャッシング会社を探す

キャッシングにも銀行の目的ローンではありませんが、目的を決めてキャッシング会社を選べば自分の思っているキャッシング会社が見つけやすくなります。
たとえば、今日明日中にお金を借りたいというときは、大手消費者金融へ申込めばすべてが即日融資に対応していますし、銀行カードローンと比べると審査は比較的ゆるく、審査スピードも速いので、申込をしたその日にお金を借りることも可能です。

 

最近は銀行カードローンも大手銀行に限らず都市銀行や地方銀行、信用金庫などでもキャッシングが可能で、銀行それぞれが独自の基準で金利を決めていますので「どうせお金を借りるのなら少しでも利息を抑えて借りたい」という場合は、銀行カードローンから探すことをおすすめします。
一般的に、銀行カードローンは消費者金融と比べて審査が厳しいので、審査に時間がかかり、すぐに借りたいという場合は不向きといえます。

 

申込は必要書類を用意するだけ

キャッシングの申込はいたって簡単で、用意するのは本人確認書類だけで、運転免許証や健康保険証パスポートの写しを用意するだけで申込ができます。
パソコンやスマホ、携帯などを使って24時間いつでもホームページから申込ができます。
ホームページにある申込アイコンから申込書に記入して送信をするだけで、あとは本人確認書類を携帯カメラで画像保存したものをメールに添付して送ることや、スマホアプリを利用して送付するだけですべて完了です。
あとはキャッシング会社が書類のチェックや在籍確認をするので、申込でする事は申込書に記入する、本人確認書類を送るだけですべてが完了します。

 

借入れ金額によっては収入証明書類(源泉徴収票や確定申告書、納税証明書などの年収がわかる書類)が必要になる場合があります。
消費者金融へ申込む時は、年収を確認するために借入希望額が50万円をこえる場合や、すでに他社で借入が有る時は、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は収入証明書類の提出を求められます。
銀行カードローンの場合は銀行それぞれが独自の基準を設けているため、100万円以下は不要な銀行や、200万円、300万円以下は原則収入証明不要の銀行もありますので、いくらまでの借入なら用意しなければならないかを調べておく必要があります。

 

借りることより返すことが肝心

キャッシングはこのように手軽に申込ができてすぐにお金を借りることができます。
しかし、肝心なのは「どれくらいまで借りられるか」と言うより「どれくらいなら返せるか」というのが重要で、無理をして借りると毎月の生活に支障をきたすことも出てきます。

 

キャッシングは「借りたお金は必ず返す」というのが鉄則です。
そのためにも無理なく返済できる返済計画を立てることが重要です。
毎月返済はキャッシングの返済だけでなく、公共料金やローンの支払いなども含まれますのでこれらも返済計画に含めなければなりません。
キャッシング会社のホームページにある「借入前診断」などを利用して、借入れ金額や返済回数など何回でも試してみて、その返済金額にその他の支払いを合計すれば「自分の収入ならこれくらいまでなら借りても大丈夫」という線が見つかるはずです。
「借りたら何とかなる」といった安易な考えは、いずれ返済に行き詰まり、返済のために新たに借入を申込むということにもなり、そうなってしまうとすぐに雪だるま方式で借金が膨らんでしまいます。
そうならないためにも借りる時は、十分な返済計画を立てることが大切です。